>

事前に献立を考える

パーティメニューを作る際、事前に献立を決めておくのは大切です。
この際、どんな味にするか、どんな食材を組み合わせるか等を紙に書いてみましょう。例えばお酢はどれに使うのか、ソースやケチャップが重なっていないか、海鮮系ばかりになっていないか等、紙に書いてみると意外と重なりに気付くことがあります。
同じ味で変化を感じないという失敗はこうして目で見える形にしてみるのがオススメ。これだと同じ食材を組み合わせたとしても、料理のバリエーションを増やすこともできます。
また事前に献立を計画しておくと、実際に料理を作る際にもとても便利です。
時間配分や調理工程もスムーズになりやすく、時間に追われて料理をするといった失敗を回避することができます。

テーマを決めてみる

パーティメニューを計画する際には、このメニューにテーマを決めてみるというのもオススメです。
そのパーティーのテーマに合わせるというのも良いでしょう。
例えばクリスマスパーティに合わせてパーティメニューを作るというときには、クリスマスをテーマに計画してみるのです。
赤や緑といったクリスマスカラーに配慮してみるというのも良いでしょう。
料理はもちろん、お皿やグラスなどもそこにエッセンスを加えます。
例えば、アクアパッツァやマリネといった料理には、野菜や海鮮系など様々な種類の食材が並び、カラフルなパーティメニュー的な印象です。
こうした料理は大きめの、そして料理が引き立つようなお皿を準備します。
また逆に色が単一になりがちな料理はお皿をカラフルにして、全体の印象を明るくするという配慮も効果的です。


献立作成が大切

この記事をシェアする